鍼と針の違い〜POKKEコラム〜 – はりきゅうPOKKE[ポッケ]厚木市恩名にある、女性と子どものための鍼灸室 美容鍼・美容鍼灸・小児はり・一般鍼灸

ここは鍼と針の違い〜POKKEコラム〜のページです。厚木市恩名にある、女性鍼灸師による女性と子どものための鍼灸室です。肩こり・腰痛・冷え性・生理痛や生理不順等女性特有の症状にも鍼灸はオススメです。美容鍼灸や刺さない鍼を使用する小児はりも行います。おひとりおひとりに合わせた丁寧な施術が人気です。

はりきゅうポッケの電話番号は、080-7881-4111です。お気軽にお問合せください。
公式LINEからご予約・お問合せ承ります

鍼と針の違い〜POKKEコラム〜

投稿日:2020年03月05日

POKKE通信第3号を発行して数日経ってしまいました。

遅れましたがこちらでも書きます。

いきなり字の話ですが、、

鍼灸の「鍼(しん・はり)」ってなんで難しい漢字なんでしょうか?

わかりやすく普通の「針」で針灸と書いているところもありますが、

基本的には鍼灸では「鍼」を使用します。

その昔、漢の時代からあったのが鍼、その後できた新しい漢字が針(こちらが主に日常で使われるように)。

時代の中で、「鍼」は一時期、当用漢字表には載っていなかったそうです。

しかし、鍼灸師さんたちの努力と情熱によって、

昭和22年ごろ、鍼という漢字は鍼灸の身分免許として復活したそうです。

実は「免許そのものが、危機からの、復活」ということで、

大変な努力だっだようです。

ありがたく、鍼灸師と名乗りたいです。

 

違いとしては

「針」・・・注射針や縫針、蜂の針など。

「鍼」・・・鍼灸の医療用はり。

太さの違い

注射針・・・0.4〜1.6mm

鍼灸の鍼・・・0.12〜0.3mm(髪の毛ほど)

最近では注射針も鍼も、ほとんどが使い捨てのディスポーザブルタイプです。

はりきゅうPOKKEでもセイリン社の使い捨て鍼を使用しています。

 

見たり触ったりしたい方は施術前にお声掛けくださいね。

※メニュー・料金につきましては改定されている場合があります。最新のメニュー・料金案内はこちらをご覧ください。→ メニュー・料金

はりきゅうPOKKEへのご予約・お問い合わせはコチラから

はりきゅうPOKKE ご予約・お問合せ

一覧に戻る