小児はり「夜尿症の男の子」 – はりきゅうPOKKE[ポッケ]厚木市飯山にある、女性と子どものための鍼灸室 美容鍼・美容鍼灸・小児はり・一般鍼灸

ここは小児はり「夜尿症の男の子」のページです。厚木市飯山にある、女性鍼灸師による女性と子どものための鍼灸室です。肩こり・腰痛・冷え性・生理痛や生理不順等女性特有の症状にも鍼灸はオススメです。美容鍼灸や刺さない鍼を使用する小児はりも行います。おひとりおひとりに合わせた丁寧な施術が人気です。

はりきゅうポッケの電話番号は、080-7881-4111です。お気軽にお問合せください。
公式LINEからご予約・お問合せ承ります

小児はり「夜尿症の男の子」

投稿日:2022年11月18日

こんにちは!

はりきゅうPOKKEの佐藤です。

いつもありがとうございます。

 

今回は、「夜尿症(おねしょ)」(英語でBedwettingだそうです)の症例について。

来院してくれている男の子の例をご紹介させていただきます。

(掲載を許可してくださった男の子のお母さん、ありがとうございます)

 

まず、[夜尿症]とは。

・5歳以上の小児の就寝中の間欠的失禁

・昼間尿失禁や他の下部尿路症状の合併の有無を問わない

・1ヶ月に1回以上の夜尿を「頻回」、3日以下の夜尿を「非頻回」とする

*夜尿症診療ガイドラインより

5歳以上で、夜中の「おねしょ」や、日中に漏らしてしまうことが続く場合になります。

器質的な疾患がある場合は、まずは泌尿器科、小児科へとなります。

 

おねしょが続くと、(最近は機会が減ったかもしれませんが)お泊まりの心配、

年齢が上がると尿量が増えて洗濯も大変、オムツでも足りない、かぶれる、など

他にも心配事が増えてしまいます。

お母さんは怒りたくなくても、怒ってしまい自分を攻めてしまう事も・・・。

そんな時、小児はりがお役に立てたら嬉しいです。

 

さて、今回の男の子についてです。

 

今年の6月から通院中の、

小学一年生の6歳の男の子。

主訴:夜尿症

一年半ほど前から。

夜のおねしょは毎日。

日中もおしっこが近い。

我慢ができないのか、パンツが濡れてしまうことがある。

便秘がち。

 

おねしょ外来のある病院へ通院中。

病院の検査では異常ないものの、膀胱に尿を溜められない(少しの刺激で出てしまう)ため薬を服用。

 

お母さんは、医師から勧められている「アラーム療法」を始める前に、小児はりを試してみたいとのことで来院されました。

毎日のおねしょということですぐには治らないため、

まずはできるだけ週に一度のペースでの来院を、お願いしました。

 

・4回目の施術 日中の漏れが少なくなる。便秘も気にならなくなってきた様子。

・8回目 夜間のおねしょは毎日続いたため、アラーム療法を始める。

・9回目 週一回おねしょなし。 改善し始める。

(この辺で2週間に一回の施術に)

・11回目 週に5回おねしょなし。 おねしょの時間も朝方に変わってきた。体調良い。

・13回目 日中のもれは気にならない。週に6回おねしょなし。

「毎年風邪をひくこの時期に風邪を引いてない!」とお母さん^^

 

思い切ってアラーム療法も取り入れ、自宅でもできるローラー鍼や、軽いタッチのマッサージ、お子様が自分でできる体操などもお伝えし、親子で続けてくれたのも、効果を早めたと思います。

そして小児はりの良いところは、主訴だけでなく全体が元気になるということ。

 

いつもレゴで遊びながらお話してくれて、体も心も成長している姿を見せてくれます。

いつもありがとうございます^^

 

もし似たようなことでお悩みの方は、気軽にご相談ください。

はりきゅうPOKKEへのご予約・お問い合わせはコチラから

はりきゅうPOKKE ご予約・お問合せ

一覧に戻る