第5回POKKEコラム 陰と陽の話 – はりきゅうPOKKE[ポッケ]厚木市恩名にある、女性と子どものための鍼灸室 美容鍼・美容鍼灸・小児はり・一般鍼灸

ここは第5回POKKEコラム 陰と陽の話のページです。厚木市恩名にある、女性鍼灸師による女性と子どものための鍼灸室です。肩こり・腰痛・冷え性・生理痛や生理不順等女性特有の症状にも鍼灸はオススメです。美容鍼灸や刺さない鍼を使用する小児はりも行います。おひとりおひとりに合わせた丁寧な施術が人気です。

はりきゅうポッケの電話番号は、080-7881-4111です。お気軽にお問合せください。
公式LINEからご予約・お問合せ承ります

第5回POKKEコラム 陰と陽の話

投稿日:2020年05月07日

こんにちは。

昨日の雷と雨、凄かったですね。今日は気持ちの良い青空!

連休中もずっと子供と一緒で、なかなかパソコン作業ができずにいました。

お子様がいる在宅ワークの方、本当に大変だと思います。

そうでなくともみなさん、お疲れ様です。

さて、やっとPOKKE通信の準備ができましたが、あまりお渡しできなくて残念です。

遡って欲しいという方がもしいらっしゃいましたら、一緒にお渡ししますのでお声掛けください。

今回のPOKKEコラムは、『陰と陽』

鍼灸師は、解剖学や生理学、病理など他にも学びますが、

東洋医学を学ぶにあたって必ず覚えることがあります。

それが陰陽、5行論です。

自然は全てのことが陰と陽に属すとされています。

木は地面からの水を得、空の太陽からの光を得て大きくなります。

水は陰、太陽の光(熱)は陽。

また、あらゆる物事を陰と陽として捉えられます。

下・上、右・左、夜・昼、暗・明など、全てが陰と陽に当てはめられます。

人間も同じように考えます。

男性は陽、女性は陰。

幼い子は陽、老いは陰。

背部は陽・胸腹部は陰。

気は陽・血は陰。(気は表面を流れる)

またそれぞれの中にさらに陰と陽の性質を持っていたりします。

陰と陽のバランスが取れているほど良い状態と言えます。

そして、「陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる」という言葉のように、

何事もすぎると逆の作用が生まれたりするので、良いからと食べすぎたり、

何かに頼りすぎることなく、程々が肝心ということ。

鍼灸は心身のバランスを整えることが得意です。

時には崩れることもありますが、バランスの取れた状態を続けることで、回復も早くなります。

様々な場面で、パフォーマンスをよくするためには、鍼灸もおすすめですよ。

 

※メニュー・料金につきましては改定されている場合があります。最新のメニュー・料金案内はこちらをご覧ください。→ メニュー・料金

はりきゅうPOKKEへのご予約・お問い合わせはコチラから

はりきゅうPOKKE ご予約・お問合せ

一覧に戻る